コミュニティビジネス、ソーシャルビジネス、ネットワーク、イベント、起業就業、地域資源、産業

お問い合わせ
リンクサイトマップ

協議会からの情報

2019年01月24日

【協議会主催シンポジウム】「人口成熟時代だからこそ、コミュニティビジネス!」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

平成30年度コミュニティビジネスシンポジウム
「人口成熟時代だからこそ、コミュニティビジネス!」

2019年2月21日(木)開催

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

広域関東圏コミュニティビジネス推進協議会と関東経済産業局は、各地域においてコミュニティビジネス(CB)の推進を図るための事業等を行っております。
本シンポジウムでは、人口成熟時代の今だからこそ必要な「コミュニティビジネス」について、基調講演と、地域に根ざしたビジネスを展開しているゲストを交えたトークセッションで、その秘訣を探ります 。ぜひこの機会にご参加ください。

 

■日時:2019年2月21日(木) 13:30〜17:00
■会場:さいたま新都心合同庁舎1号館2階 講堂
 埼玉県さいたま市中央区新都心1-1(JRさいたま新都心駅徒歩5分)
 http://www.kanto.meti.go.jp/annai/shuhenzu/
■定員:500名(先着順)
■費用:無料
■対象:コミュニティビジネスの推進・実践・支援など、
    関心のある方や実際に関わりたい方

■プログラム
+-------------------------------------------------------+
●<活動報告>
広域関東圏コミュニティビジネス推進協議会について
広域関東圏コミュニティビジネス推進協議会 幹事 桑原 静

●<基調講演>
「人口成熟時代だからこそ生き残るスモールビジネスとは?」
株式会社日本総合研究所 主席研究員 藻谷 浩介氏

●<トークセッション>
「地域活性化につながる「コミュニティビジネス」とは?」
【登壇者】
株式会社日本総合研究所 主席研究員 藻谷 浩介氏
株式会社エマリコくにたち 代表取締役社長 菱沼 勇介氏
広域関東圏コミュニティビジネス推進協議会 柳田 公市

●<事例紹介>
エマリコくにたち 〜東京農業活性化ベンチャー〜
株式会社エマリコくにたち 代表取締役社長 菱沼 勇介氏

■申込・詳細
申込受付:〜2019年2月20日(水)
下記お申込み専用フォーム、またはFAXに必要事項を入力し、送信してください。
http://www.kanto.meti.go.jp/seisaku/cb/190221cb_sympo.html
※お申込み完了のご連絡は、参加定員を超えた場合のみとさせていただきます。
※お申込み時の個人情報は、参加状況把握のために使用し、今後の開催案内等にのみ活用します。

■主催・お問合せ
広域関東圏コミュニティビジネス推進協議会、経済産業省関東経済産業局
電話:048(600)0345(関東経済産業局 流通・サービス産業課)
(平日 9:00〜18:00)

◆チラシはこちらからPDFでダウンロードできます。
http://www.kanto.meti.go.jp/seisaku/cb/190221cb_sympo.html
posted by 広域関東圏コミュニティビジネス協議会 at 08:01| 協議会からのお知らせ

2018年11月09日

【協議会主催】コミュニティビジネスの現場を見に行こうツアーinくにたち

20181127CBツアーちらし.jpg
広域関東圏コミュニティビジネス推進協議会 主催
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コミュニティビジネス勉強会

コミュニティビジネスの現場を見に行こうツアーinくにたち

平成30年11月27日(火)13時〜18時

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広域関東圏コミュニティビジネス推進協議会及び関東経済産業局は、
各地域においてコミュニティビジネス(CB)の推進を図るための
事業等を行っております。

この度、国立市でCBに取り組んでいる現場にお邪魔し
お話を伺う見学ツアーを企画しました。
限定30名で1日5か所をめぐり、事業者の方の生の声を聞き
現場の雰囲気を感じることができる盛りだくさんのツアーです。
ぜひこの機会にご参加ください。

■定員:30名(申込順)
※人数が多い場合には同グループからの人数を制限させていただくことがあります。
■費用:3,000円(事前振込・交流会の飲食費と交通費は別途各自で負担)
■対象:コミュニティビジネスの運営に関心がある方、現場を見てみたい方 など
■会場:国立市内のCB事業者5か所
(クミタテ、くにたち富士見台人間環境キーステーション、国立五天、しゅんかしゅんか、くにたち村酒場)

+-------------------------------------------------------+
◆行程(※お申込者には、集合場所詳細等をお知らせいたします。)

13時 JR南武線「谷保」駅集合 

シェア工房 クミタテ 見学・説明
https://www.facebook.com/kumitate.space/

くにたち富士見台人間環境キーステーション 見学・説明・買物
http://www.human-environment.com/

住まないシェアハウス 国立五天 見学・説明
http://kunitachi-goten.net/

国立野菜しゅんかしゅんか 見学・説明・買物
http://www.emalico.com/shunka/

30農家のくにたち野菜タパス くにたち村酒場 見学(ワンドリンク&一品)
http://www.emalico.com/sakaba/

18時 現地解散 ※以降は有志にて交流会(費用は個々に実費)
+-------------------------------------------------------+
■申込方法

下記専用フォームにご入力ください。
https://pro.form-mailer.jp/fms/4cc63b3c148345

【注】正しく送信された場合、入力したアドレスに自動返信メールが届きます。
このメールの受信を必ずご確認ください。
また、メールでのお申込は受け付けておりません。

■申込〆切
2018年11月26日(月)12:00

■申込後の流れ
(1)専用フォームに必要事項を入力して送信してください。
(2)自動返信メールの到着を必ずご確認ください。
(3)申込いただいた方に参加費の振込先等をメールでお知らせします。
 ※まだ参加確定ではありません。
(4)参加費のお振込をお願いします。
(5)事務局でお振込を確認後、参加確定メールを送信します。
(6)当日、集合場所までお越しください。

■お問い合せ
広域関東圏コミュニティビジネス推進協議会事務局
kanto-kcb@k-cb.net
(平日9:00〜18:00)

■チラシ(PDF)はこちらから
20181127CBツアーちらし.pdf
posted by 広域関東圏コミュニティビジネス協議会 at 17:54| 協議会からのお知らせ

2018年06月13日

【協議会主催】行政分科会「コミュニティビジネスの実践に繋がる動き方」


平成30年度コミュニティビジネス行政分科会
コミュニティビジネスの実践に繋がる動き方

2018年7月3日(火)13時10分〜17時00分
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このたび、広域関東圏コミュニティビジネス推進協議会及び関東経済産業局は、
コミュニティビジネス(CB)を推進する行政職員の方向けに
勉強会を開催します。各地で地域コミュニティの衰退が懸念される中、
行政の立場から具体的に何ができるのか、
実際の事例を交えながら、地域課題の解決につながるお話を伺います。
自治体ご担当者の皆様のご参加をお待ちしております。

20180507【協議会】180703分科会チラシjpg.jpg

■日時:2018年7月3日(火)13:10〜17:00
■定員:70名
■費用:無料
■対象:自治体ご担当者
(CB、地方創生、地域経済活性化、商業振興などのご担当者、
または、これらに興味がある関係部署のご担当者)
■会場
さいたま新都心合同庁舎1号館12階 関東経済産業局 共用会議室12
(埼玉県さいたま市中央区新都心1-1 )
JRさいたま新都心駅徒歩4分
(※2階で入館手続きをして12階にお上がりください)
地図はこちら → http://www.kanto.meti.go.jp/annai/shuhenzu/index.html

■プログラム
+-------------------------------------------------------+
(1)開会挨拶
関東経済産業局 産業部 流通・サービス産業課 課長 高橋 多佳美

(2)CB基礎講座
広域関東圏コミュニティビジネス推進協議会 代表幹事 永沢 映

(3)講演
「シティプロモーション × コミュニティビジネス」
〜行政が担う役割と実践へのヒントを探る〜
東海大学文化社会学部広報メディア学科教授・
公共コミュニケーション学会会長理事 河井 孝仁 氏

(4)CBセミナー、参加者意見交換会
【テーマ】
ネットワークづくり、CB事業支援のポイント

【登壇者、コーディネーター】
広域関東圏コミュニティビジネス推進協議会幹事 桑原 静
広域関東圏コミュニティビジネス推進協議会幹事 竹林 晋

(5)関東経済産業局からのお知らせ
関東経済産業局 産業部 流通・サービス産業課 課長補佐 小林 宏光

(6)閉会挨拶
広域関東圏コミュニティビジネス推進協議会幹事 柳田 公市

+-------------------------------------------------------+

■申し込み方法

下記リンク先にある専用フォームにご入力ください。
http://www.kanto.meti.go.jp/seisaku/community/20180703cb_gyoseibunkakai.html
※送信ができない方は、お手数ですが上記リンク先からFAX申込用紙を
ダウンロードし、ご記入の上で送信してください。

+-------------------------------------------------------+

■主催・お問合せ・お申込
広域関東圏コミュニティビジネス推進協議会
関東経済産業局 産業部 流通・サービス産業課 コミュニティビジネス推進チーム
小林・加藤
電話 048-600-0345
posted by 広域関東圏コミュニティビジネス協議会 at 09:10| 協議会からのお知らせ

2018年01月11日

【協議会主催】多様な連携が生み出す地域活性化 平成29年度シンポジウム開催

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

平成29年度コミュニティビジネスシンポジウム
多様な連携が生み出す地域活性化
〜学び、実践、担い手育成 点から面へのCBの成功法〜

2018年2月15日(木)開催

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

広域関東圏コミュニティビジネス推進協議会と関東経済産業局は、各地域においてコミュニティビジネス(CB)の推進を図るための事業等を行っております。
本シンポジウムでは、立教大学の取り組みを事例とした大学との地域連携、オフィス家具メーカーイトーキの取り組みを参考とした企業との地域連携などから、点から面へのコミュニティビジネスの成功法について考えます。ぜひこの機会にご参加ください。

 シンポジウムチラシ

■日時:2018年2月15日(木) 13:30〜17:00
■会場:さいたま新都心合同庁舎1号館12階 共用会議室12
 埼玉県さいたま市中央区新都心1-1(JRさいたま新都心駅徒歩5分)
 http://www.kanto.meti.go.jp/annai/shuhenzu/
■定員:80名(先着順)
■費用:無料
■対象:コミュニティビジネスの推進・実践・支援など、
    関心のある方や実際に関わりたい方

■プログラム
+-------------------------------------------------------+
●<活動報告>
広域関東圏コミュニティビジネス推進協議会について
広域関東圏コミュニティビジネス推進協議会 幹事 竹林 晋

●<講義>
コミュニティビジネスとは・講義
広域関東圏コミュニティビジネス推進協議会 幹事 竹内 千寿恵

●<セッション1>
大学がシニアのセカンドステージの拠点となる〜立教大学から学ぶ10年〜」
「大学と地域連携」

テーマは「多様な連携が生み出す地域活性化」。立教大学での10年間の取り組みを事例とし、実際にコミュニティビジネスに取り組んでいる実践者と支援者の方をゲストにお招きしお話を伺います。

パネリスト
立教セカンドステージ大学教員 坪野谷 雅之氏
特定非営利活動法人としまNPO活動推進協議会代表理事 柳田 好史氏
立教セカンドステージ大学専攻科生/ソーシャルビジネス研究会代表 古根村 正氏
コーディネーター
広域関東圏コミュニティビジネス推進協議会 代表幹事 永沢 映

●<セッション2>
共感が得られるコミュニティビジネスの作り方〜本当に地域活性化は必要なのか〜
「企業と地域連携」

「地方創生」「ソーシャルビジネス」などの言葉の出現とともに「社会が良くなってきているか」と問われると答えはどうか。より良い社会を創るには。
オフィス家具メーカーであるイトーキが、なぜCSW事業部を立ち上げたのか。CSW事業部の 考えるビジネスとは。色々な地域と関わって感じた事などを
ディスカッションします。

プレゼンテーター
株式会社イトーキ CSW事業部 総括プロデューサー 戸田 裕昭氏
コーディネーター
広域関東圏コミュニティビジネス推進協議会 幹事 柳田 公市

■申込・詳細
申込受付:2018年1月10日(水)〜2018年2月13日(火)
下記お申込み専用フォーム、またはFAX(申込用紙はこちら)に必要事項を入力し、送信してください。
http://www.kanto.meti.go.jp/seisaku/community/20180215cb_symposium.html
※お申込み完了のご連絡は、参加定員を超えた場合のみとさせていただきます。
※お申込み時の個人情報は、参加状況把握のために使用し、今後の開催案内等にのみ活用します。

■主催・お問合せ
広域関東圏コミュニティビジネス推進協議会、経済産業省関東経済産業局
電話:048(600)0345(関東経済産業局 流通・サービス産業課)
(平日 9:00〜18:00

◆チラシはこちらからPDFでダウンロードできます。
CBkyougikai_29Sympo_fb.pdf
posted by 広域関東圏コミュニティビジネス協議会 at 11:00| 協議会からのお知らせ

2017年10月24日

【協議会主催】中間支援組織向け勉強会 〜CB創業支援を地域で創出する〜

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
中間支援組織向けコミュニティビジネス勉強会
〜CB創業支援を地域で創出する〜
平成29年11月9日(木)13時30分〜17時00分

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 スライド1.JPG
関東経済産業局では、NPO、企業、大学などをつなぐ地域のコミュニティビジネスの中間支援組織の方、また地域に還元したいと考えている企業の方を対象に勉強会を開催します。  
 コミュニティビジネスやまちづくりの推進には、行政、NPO、企業、大学などをつなぐ地域の中間支援組織が期待される役割は大きくなっています。その一方、組織の継続性、事業性、革新性などの停滞感が課題となっている中間支援組織が多いのも事実です。  
 今回の勉強会は、地域企業と中間支援組織が連携した事例を挙げ、地域の中間支援組織の役割を見つめ直し、これからできることを探る目的で開催します。

■日時:平成29年11月9日(木)13:30〜17:00
■定員:100名(先着順)
■費用:無料
■対象:中間支援組織、地域貢献を検討している金融機関、企業、NPOの担当者など
■会場
さいたま新都心合同庁舎1号館8階 8−2会議室
http://www.kanto.meti.go.jp/annai/shuhenzu/
埼玉県さいたま市中央区新都心1−1
(JRさいたま新都心駅 徒歩5分)

■プログラム
+-------------------------------------------------------+
【事例発表】 
《1》地域金融機関のチャレンジ! 
ベッドタウンのCB支援×創業支援センター多摩
 登壇者:多摩信用金庫 価値創造事業本部 地域連携支援部部長 長島 剛 氏
  
《2》事件は現場で起こってる! 
草の根中間支援×ニーズをとらえたワンストップ支援施設
登壇者: NPO法人MYstyle@代表理事 竹内 千寿恵 氏
   
《3》こうすればできる! 
自治体がしかける創業支援システム×地域ネットワーク
 登壇者:武蔵野市市民部生活経済課課長補佐 平塚 香 氏


【ディスカッション】   
 登壇者:多摩信用金庫 価値創造事業本部 地域連携支援部部長 長島 剛 氏
 NPO法人MYstyle@     代表理事 竹内 千寿恵 氏
 武蔵野市市民部生活経済課課長補佐 平塚 香 氏
 コーディネーター:NPO法人コミュニティビジネスサポートセンター
          代表理事 永沢 映
・地域でCB支援する機能をつくるポイント
・中間支援強化による成果
      ・今後の展望について  など

■主催・お問合・お申込
広域関東圏コミュニティビジネス推進協議会・関東経済産業局
お問合:関東経済産業局流通・サービス産業課コミュニティビジネス推進チーム 
担当:黒木・加藤
電話:048(600)0344 (平日9:00〜18:00)
posted by 広域関東圏コミュニティビジネス協議会 at 15:16| 協議会からのお知らせ

2017年01月23日

【協議会主催】知って得するコミュニティビジネス〜空き家活用事例より〜2016年度シンポジウム開催

┏…平成29年2月16日(木)開催 …━…━…━…━…━…┓
平成28年度コミュニティビジネスシンポジウム
知って得するコミュニティビジネス 〜空き家活用事例より〜
┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…┛


広域関東圏コミュニティビジネス推進協議会及び関東経済産業局は、
各地域においてコミュニティビジネス(CB)の推進を図るための事業等を行っております。

本シンポジウムでは、大家さんも協力して地域のために空き家・空き店舗を活用した事例などから
コミュニティビジネスへの有効な活用について考えます。
ぜひこの機会にご参加ください。

****

◆日時:2017年2月16日(木)
 14:00〜17:00


◆場所:さいたま新都心合同庁舎1号館1階 多目的室
    (埼玉県さいたま市中央区新都心1-1)
    JRさいたま新都心駅徒歩5分
     http://www.kanto.meti.go.jp/annai/shuhenzu/index.html

◆定員:80名(先着順)
◆費用:無料
◆対象:コミュニティビジネスの推進・実践・支援など、
    関心のある方や実際に関わりたい方
    空き家を地域に活用したい方 など

+-------------------------------------------------------+
◆プログラム

●<講演>空き家についての課題
一般財団法人日本不動産コミュニティー 理事・大友不動産有限会社 代表取締役
大友 哲哉氏

⼀部上場不動産会社を経て、2003年に⼤友不動産有限会社(不動産コンサルティング業)設⽴。
2008年、不動産実務検定認定団体の⼀般財団法⼈⽇本不動産コミュニティー(JREC)理事に就任。


●<事例1> さいたま市「ヘルシーカフェのら」
実家を「コミカフェ」と「高齢者の職場」に〜大家と店子が語る、空き家活用の秘訣〜
ヘルシーカフェのら&BABAラボ 大家 小峰 弘明氏
1983年埼玉県庁に入り高齢者福祉、子育て支援等の仕事に従事。2005年、のらの店主新井さんのレポート「コミレスは子育て支援の要」に共感。2009年、実家の庭に店舗付き住宅を建て、その1Fに「のら」をオープン。2011年、母の転居により空き家になった実家を「BABAラボ」を含む「じぶんらしい仕事づくりを応援する家=のらうら」に賃貸。「のら」の広報(Facebook、HP)や土曜日のボランティア、広報誌「しかてぶくろ新聞」の編集などを通じて「のら」や「のらうら」を応援中。

ヘルシーカフェのら 店主 新井 純子氏
転勤族(海外を含む)の妻として子育てする孤独さから、自分自身の生き方を模索し、学びの場を求め始める。1998年、大宮市(当時)で女性の自主学習グループ「あれあれあ」を結成。女性の自立や家族関係などをテーマとするワークショップを埼玉県内で展開。そこで女性たちの力を知る。住んでうれしいまち、誰もが主役で、助けたり助けられたりの地域づくりを目指し、2009年からさいたま市南区で「ヘルシーカフェのら」を運営。

●<事例2> 熊本県阿蘇市
商店街の空き店舗を大家になって活性化させる手法
阿蘇はなびし 代表 宮本 博史氏
阿蘇神社の袂にある門前町商店街にて飲食店「郷土料理 阿蘇はなびし」を構え、二代目として事業を受け継ぐ一方、商店街並びに地方活性化の先導役としても活躍。人が訪れることが少なかった商店街を、商店街の人々と協力し、観光・ヒーリングスポットとして、観光客が多く訪れる商店街へと変身させた。

●パネルディスカッション
空き家活用事例からコミュニティビジネスを考える
小峰 弘明氏・新井 純子氏・宮本 博史氏

●中小企業施策説明

+-------------------------------------------------------+
◆申込方法
下記リンク先にある専用フォームにご入力ください。
http://www.kanto.meti.go.jp/seisaku/community/20170216cb_symposium.html
※送信ができない方は、お手数ですが上記リンク先からFAX申込用紙をダウンロードし、
ご記入の上で送信してください。

◆主催・お問い合せ
広域関東圏コミュニティビジネス推進協議会、経済産業省関東経済産業局
電話:048(600)0344(関東経済産業局 流通・サービス産業課)
(平日 9:00〜18:00)

◆チラシはこちらからダウンロードできます。
CBkyougikai_28Sympo_fb.pdf
posted by 広域関東圏コミュニティビジネス協議会 at 17:04| 協議会からのお知らせ

広域関東圏コミュニティビジネス推進協議会
事務局:特定非営利活動法人 コミュニティビジネスサポートセンター
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-21ちよだプラットフォームスクエアA205 TEL:03-5259-8091 FAX:03-5259-8092  E-mail:kanto-kcb@k-cb.net

Copyright(C) Community Business Promotion Council of Greater Kanto All Rights Reserved.