コミュニティビジネス、ソーシャルビジネス、ネットワーク、イベント、起業就業、地域資源、産業

お問い合わせ
リンクサイトマップ

協議会からの情報

2011年03月03日

「働くこと」「仕事」について、SBの現場を通じて考えるイベントのご案内

*********************************************************
ソーシャルビジネス ネットワーク大学
内閣府地域社会雇用創造事業 活動報告イベント

「ソーシャルビジネスの現場から
    〜今、大切にしたい“仕事”ってなんだろう〜

2011年3月15日(火)10時〜15時30分@TEPIA(東京・外苑前)

参加費無料!ただいま参加事前登録受付中(先着80名様)!!
https://ssl.form-mailer.jp/fms/6baa6037139020

チラシはこちら(PDF)↓
イベントチラシ
***********************************************************

「仕事を通じて、私はどんな生き方をしたいのだろう?」
「今、大切にしたい仕事とはなんだろう?」「仕事とはそもそも何だろう?」
就職に悩む学生の方、働くことについて立ち止まって考えている方、
ソーシャルビジネスに関心のある方、既に取り組んでいる方、
これから取り組む方、そんな方に、お勧めのイベントのご案内です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★★★ 3つのおススメ ★★★

【1】ソーシャルビジネス トップランナーによる“スペシャルセッション”
ソーシャルビジネスで起業し10年以上走り続けている方、多様なキャリアを
積み新しい働き方でソーシャルビジネスを実践されている方をゲストに
お招きし、起業の経緯、今目指していることなどを伺います。
働くことや仕事についてのお考えや想いにも迫ります!!

≪スペシャルゲスト≫
 ●染谷ゆみさん(株式会社ユーズ 代表取締役)
  東京都墨田区生まれ。18歳のときにアジアを中心とした
「自分探しの旅」の途中、ネパールで環境問題に目覚める。
91年、環境問題解決の一端を担うことを志し、
  油リサイクル業の実家「有限会社染谷商店」に入社。
93年、世界初の廃食油からのバイオ燃料「VDF」(BDF)
を開発し、97年株式会社ユーズを設立。
  飲食店や家庭から排出される使用済み天ぷら油の回収事業を
軸とした「資源循環型社会」の構築を目指しながら、
同時に「地域活性化」のためのプロジェクトを次々と展開している。
  2007年、TOKYO中の使い終わった天ぷら油を一滴残らず集めるプロジェクト
  「TOKYO油田2017」が始動。
その一環として「油の回収ステーション」「天ぷらバス」「天ぷら発電」
  「ご当地油田」「カーボンオフ権」など、みんなが参加しやすい
資源循環コンテンツなどを開発。
  著書に『TOKYO油田物語』(一葉社2009)など。
 ●黒瀧節也さん(株式会社ものづくり学校 校長/企画室長)
  「NOiR Sound Production」代表としてファッションショー、
各種イベントのサウンドプロデュース及びディレクション業務を担う。
TV/RADIO/WEB、商業施設などのサウンドブランディング、
  楽器開発など「音を通じたクロスメディア」をテーマに活動を展開。
リズムセッションをベースとし、子どもたちのリズム感や
コミュニケーション能力の向上を目的としたプロジェクト“KIDS Hi-5”
  (キッズ ハイファイヴ)をたちあげ親子向けのリズムワークショップを展開。
新聞や雑誌、ニュースサイトなど各種媒体に取り上げられ、
社会的にも注目されている。
その実績を高く評価され、2010年度より「第二期世田谷ものづくり学校」の
総合プロデュースを手掛ける。
  LOHAS KIDS CENTER clover非常勤講師。

【2】社会的企業家への挑戦者たちが行く!“全国縦断プレゼンテーション”
  〜私が起業を決意した理由〜
  内閣府地域社会雇用創造事業によって起業支援対象者に選ばれた、
  社会的企業家への挑戦者たちが全国から集結!
  子育て支援や、環境ビジネス、教育ビジネスなど、多様な分野のビジネスへの
  挑戦をお話します。
  “社会を変える仕事”で働くことを決意した理由や、
  どのようなビジネスを立ち上げようとしているかについてお話しいただきます。
  彼らを支える熱き専門家たちも紹介します!

【3】“働く”をテーマに大交流!“ワールドカフェ”
  “仕事”“働くこと”をどう考えるか、参加者同士の対話を重ねながら自分自身の
  考えを明らかにしていく時間です。
  セッションやディスカッションに登場したゲストの方々も参加予定!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■ 開催概要 ■■■
○名 称:ソーシャルビジネス ネットワーク大学
     「ソーシャルビジネスの現場から 〜今、大切にしたい“仕事”ってなんだろう」
     (「内閣府 地域社会雇用創造事業」活動報告会)
○日 時:2011年3月15日(火)10時〜15時30分

○場 所:TEPIA(東京都港区北青山2−8−44)
      アクセス:http://www.tepia.jp/access/index.html

○入場料:無料(事前申込制)

○主 催:ソーシャルビジネス ネットワーク大学
      http://socialbusiness-college.com/
○共 催:ソーシャルビジネス・ネットワーク (一般社団法人登記準備中)
      http://www.socialbusiness-net.com/
○プログラム:
 10:00〜 オープニング
 10:10〜 スペシャルセッション「私にとって”仕事”とは」
 11:10〜 「日本全国から社会的企業家への挑戦者たちが大集結!
         『私が起業を決意した理由』」
 12:40〜 ***昼食休憩***
 13:30〜 ワールドカフェ「今、大切にしたい“仕事”ってなんだろう」
 15:30   クロージング
-----------------------------------------------------------------
■お申込み(事前申込制、先着80名様) 
https://ssl.form-mailer.jp/fms/6baa6037139020

 上記HP内、申込フォームにて必要事項を記入の上送信ください。
 ※お申込み〆:2011年3月14日(月)
-------------------------------------------------------------------

■問い合わせ先:
ソーシャルビジネス ネットワーク大学 本部
事務局 潟\シオ エンジン・アソシエイツ 担当:中野・浜田
TEL:03-5775-7670 MAIL:sbndai@socioengine.co.jp
http://socialbusiness-college.com/
===================================================================

※ソーシャルビジネス ネットワーク大学とは
地域および地球規模の社会的課題に対して、ビジネスの手法でその解決を担う
「ソーシャル・アントレプレナー」の育成・支援とネットワーキングを目的とする、
全国9地域にキャンパスを持つ大学事業です。(学校教育法上の「大学」ではあり
ません)。平成22年度より内閣府「地域社会雇用創造事業」の一環として、
「ソーシャルビジネス トライアル」として、ビジネスプランコンペ事業、インターンシップ
事業を実施しています。
posted by 広域関東圏コミュニティビジネス協議会 at 16:47| 協議会からのお知らせ

2011年03月02日

【協議会協力】ソーシャルビジネス・メッセ2011開催のお知らせ

<<ソーシャルビジネス・メッセ2011中止のお知らせ>>地震による被害のため、ソーシャルビジネス・メッセ2011を中止させていただきます。
誠に申し訳ごさいませんが、何とぞご了承の程よろしくお願い申し上げます。

子育て支援、環境保護、まちおこし等の社会的課題をビジネスの手法で解決を図る
「ソーシャルビジネス」の認知度向上と関係者の交流促進を目的に、
今年で3回目となる「ソーシャルビジネス・メッセ2011」を開催します。

このメッセは、「ソーシャルビジネスが【見える・分かる・つながる】」をコンセプトに、
SB事業と企業などの多様な連携・協働事例の展示や創業希望者による
ショートプレゼンテーションに加えて、ソーシャルメディアを活用したフォーラムや
映像配信を実施する予定です。

全国で活躍するソーシャルビジネス事業者や、これからソーシャルビジネスを
始めようとする方々を中心に、自治体や支援組織、企業関係者、大学学生など、
約1,500人の来場を見込んでいます。

全国各地の事業者と直接、交流できる貴重な機会であり、
新たな事業展開や連携・協働につながる様々な企画がありますので、
関心をお持ちの方は是非ご来場ください!

■ 開催概要 
□名 称:ソーシャルビジネス・メッセ2011 〜みえる・わかる・つながる〜
□日 時:2011年3月14日(月)13:00〜18:00
    (交流会ご参加の方は、別会場にて  18:30〜20:30)
□場 所:TEPIA(東京都港区北青山2−8−44)
     東京メトロ銀座線「外苑前駅」3番より徒歩4分
     東京メトロ銀座線・半蔵門線・都営地下鉄大江戸線「青山一丁目駅」より徒歩9分
     JR中央・総武線「千駄ヶ谷駅」より徒歩14分
□入場料:無料(交流会参加費5,000円)いずれも事前申込制
□主 催:経済産業省
□共 催:ソーシャルビジネス・ネットワーク(一般社団法人登記準備中)
□後援(予定):環境省、厚生労働省、国土交通省、総務省、内閣府、
       農林水産省、文部科学省、全国商工会連合会、全国中小企業団体中央会、
       日本商工会議所
□協 力:北海道コミュニティビジネス・ソーシャルビジネス協議会、
    東北ソーシャルビジネス推進協議会、
    広域関東圏コミュニティビジネス推進協議会、
    東海・北陸コミュニティビジネス推進協議会、
    近畿ソーシャルビジネス・ネットワーキング、中国地域CB/SB推進協議会、
    四国地域ビジネスネットワーク(仮称)、九州ソーシャルビジネス促進協議会、
    しまんちゅビジネス協議会

□問合せ:事務局 株式会社ソシオエンジン・アソシエイツ 担当:宮島・飯石(いいし)
〒107−0062東京都港区南青山1−20−15 Rock1st3F
TEL:03−5775−7670(10:00〜18:00)土・日・祝日除く) FAX:03−5775−7671
メール:forum@socioengine.co.jp
posted by 広域関東圏コミュニティビジネス協議会 at 13:55| 協議会からのお知らせ

2011年02月28日

【協議会共催】「コミュニティビジネス交流会」ぐんまを変えるこれからのビジネス開催!

平成22年度コミュニティビジネス交流会

〜ぐんまを変えるこれからのビジネス〜


■日時 平成23年3月10日(木)13時30分〜16時00分
■会場 群馬県庁29階292会議室
■参加費 無料

■内容 

◆基調講演
コミュニティビジネスとは何か、中間支援機関の役割とは何か、コミュニティビジネス事業者の抱える課題はどのようなものが多いのかなど、具体的事例をお話しいただきます。

講師 栗原 裕治氏(広域関東圏コミュニティビジネス推進協議会 幹事)
1都10県にまたがるコミュニティビジネス・プラットフォームである広域関東圏コミュニティビジネス推進協議会の幹事であり、市民参加のまちづくりからコミュニティビジネス事業者育成など幅広く支援しているNPO法人千葉まちづくりサポートセンター副代表でもあります。

◆コミュニティビジネス実践者による具体的事例発表

県内でコミュニティビジネスを実践する3名の方から具体的事例を紹介していただきます。
・ 榛名まちづくりネット 代表運営委員 芹澤 優氏
「食と芸術と癒しの里」づくりをメインテーマに、「たかさき昼市」、「100円商店街」などを通じた都市と農山村交流やグリーンツーリズムなどに取り組んでいます。

・ NPO法人わたらせライフサービス 理事長 宮地 由高氏
「誰もが幸せに生活できる地域づくり」をミッションに福祉有償運送事業や病院来院者介助サービス事業等に取り組んでいます。

・ NPO法人よろずや余之助 会長 桑原 三郎氏
中高齢者を対象に、多種多様な専門家を揃えたよろず無料相談をはじめ、歌声喫茶など来店者に 様々な交流の場を設け、地域活性化に取り組んでいます。

◆意見交換会
交流会参加者による、コミュニティビジネスを運営する上での課題やコミュニティビジネスの支援を行う上での課題等について自由な意見交換を行います。
コーディネーター 栗原 裕治氏(広域関東圏コミュニティビジネス推進協議会 幹事)

◆名刺交換会
交流会参加者同士で自由に交流していただく時間です。


■定員
50名(先着順)

■対象
コミュニティビジネス事業者及び関心のある人、各支援機関の方等

■申込方法
★電子申請
お申込みはこちらhttps://www.e-tetsuzuki99.com/eap-jportal/Entrance.do?command=PKG_DETAIL&lcd=100005&pkgId=100005PM10200502(電子申請)です
(別ウィンドウで開きます。)
★その他の方法
申込用紙をダウンロードの上、必要事項を記入し郵送またはFAXにより申し込んでください。
申請書のダウンロードはこちら
参加申込書.pdf

■申込期限
平成23年 3月2日(水)

■主催・共催
主催 : 群馬県
共催 : 広域関東圏コミュニティビジネス推進協議会

■お問合せ
産業経済部商政課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-3336
FAX 027-223-7875
shouseika@pref.gunma.jp
posted by 広域関東圏コミュニティビジネス協議会 at 16:40| 協議会からのお知らせ

【協議会後援】すたっと静岡映像制作講習会 第一期生募集!

あなたのお店のCM作って仲間で宣伝しましょう!

すたっと静岡映像制作講習会 第一期生募集


日程:毎月第3火曜日 18:30~21:30 4月〜9月
会場:静岡市番町市民活動センター2F中会議室
費用:15000円(会費2000円含む)
定員:20名

主催:静岡CB市民塾
後援:広域関東圏コミュニティビジネス推進協議会
後援:関東ICT推進NPO連絡協議会


仲間を作り宣伝力を身につけて、いっしょにCM団地を作りましょう


詳しくはチラシどうぞ→ http://ht.ly/41Lxu

静岡CB市民塾
http://t3d35.eshizuoka.jp/e704460.html

問合せ先 stadshizuoka@gmail.com
posted by 広域関東圏コミュニティビジネス協議会 at 15:52| 協議会からのお知らせ

2011年02月15日

コミュニティビジネス中間支援機関の大交流会のお知らせ

コミュニティビジネス中間支援機関の大交流会
〜地域の新しいコミュニティビジネスを創出する〜


全国から選出された実力のある中間支援機関6団体は
コミュニティビジネスサポートセンター(以下CBSと表記)から
研修認定を受け、各地で30時間のコミュニティビジネスマイスター講座を
実施しました。

コミュニティビジネスマイスター講座の開催は、中間支援機関にとって
の人材育成・機能強化を目的としたもので、地域の新しいコミュニティ
ビジネスを創出する源泉となるものです。

*コミュニティビジネスマイスターとは
地域のプレイヤーとして、コミュニティビジネス(CB)を創業する
だけでなく、地域内の連携・協働等のCBを展開していくために必要な
一定以上の知識と技術を有する者。
「CBマイスター認定講座」受講者を対象に認定試験を実施し、合格した
者を認定する。

今回の大交流会では、CBS代表理事永沢による中間支援機関の役割や
動向に関する講演を始め、各地のコミュニティビジネスマイスター講座の
報告を行います。

またパネルディスカッションでは、講座で浮き彫りになった地域の
課題や資源、講座から生まれたコミュニティビジネスの事例について
熱く議論します。

どうぞ奮ってご参加ください。

………………………………………………………………………………………………
【日時】2011年 3月4日(金)午後2時〜午後5時

【場所】ちよだプラットフォームスクウェア5階会議室
地図 http://www.yamori.jp/modules/tinyd2/index.php?id=10

【内容】
●【講演】地域を元気にする中間支援機関
◇永沢 映
NPO法人コミュニティビジネスサポートセンター代表理事
広域関東圏コミュニティビジネス推進協議会代表幹事

●【報告】各地のコミュニティビジネスマイスター講座の報告

●【パネルディスカッション】
・各地の課題、資源、ネットワークについて
・講座で生まれたコミュニティビジネス

≪地域の特性を活かしながら、地元でコミュニティビジネスの創出・育成支援に
励む6機関(全国から選出)≫
☆横手市雇用創出協議会
(秋田県横手市)
http://www.yokote-koyo.com/
農業・商業・工業・観光を連携した活気ある横手市と雇用創出を目指している。

☆いしのまきNPOセンター
(宮城県石巻市)
http://www.i-port.ne.jp/npo/
石巻広域圏でNPOが活躍しやすい環境をつくり、NPOや市民活動が発展すること

目的としている。

☆シービー・シナガワ
(東京都品川区)
http://sites.google.com/site/officialcbshinagawa/Home
楽しい元気なまちづくりアイディアの実現を目指し、地域の活動諸団体の連携促進に
努め、共に志ある会員の想いの実現を支援している。

☆としまNPO推進協議会
(東京都豊島区)
http://toshima-npo.sakura.ne.jp/toshima-npo/modules/news/
豊島区を主活動地域として活動を続けるNPO法人・ボランティア・市民活動団体等

各種社会貢献団体のネットワークの形成と、相互の活動をサポートし促進することに
より「個を活かし、個をつなげ、みんなが助け合える地域社会の実現 」を目指す。

☆藤沢市市民活動推進連絡会
(神奈川県藤沢市)
http://npocafe.f-npon.jp/
藤沢市民および藤沢市で活動する市民活動団体等に対して、活動支援に関する事業を
行い、市民活動の推進に寄与することを目的としている。

☆ふれあいサポートちゃてぃず
(岡山県備前市)
http://npochatys2009.hp2.jp/?paged=2
地域のリーダーとして、またコミュニティビジネスの起業できる人材の育成を目指
す。

●懇親会 午後5時30分〜午後7時
(会場)ちよだプラットフォームスクウェア1階
プラットフォームデリアンドカフェ
http://yamori.jp/modules/tinyd10/index.php?id=12

【費用】 無料  ※懇親会2500円(飲食代込)
【定員】80名
※定員になり次第締め切ります
※一部プログラムが変更になる場合があります
またとない交流のチャンスですので、皆様のご参加をお待ちしています。

………………………………………………………………………
◆◆◆◆お申込みはこちら◆◆◆◆
■お申込み方法
○ホームページ http://cb-s.net/?p=1486

メール・FAXでのお申込みは⇒所属・お名前・住所・電話番号・
メールアドレス・懇親会の参加の可否を、ご記入の上ご送付ください。

○Email mail@cb-s.net

○FAX番号 03-5259-8092

経済産業省 2010年度地域新事業活性化中間支援機能活性化事業

________________________________________

◆お問い合わせ◆
特定非営利活動法人 コミュニティビジネスサポートセンター (CBS)
HP:http://www.cb-s.net/
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-21
ちよだプラットフォームスクウェアA-205
TEL:03-5259-8091 FAX:03-5259-8092
Email:mail@cb-s.net
________________________________________
posted by 広域関東圏コミュニティビジネス協議会 at 11:09| 協議会からのお知らせ

2011年02月14日

コミュニティビジネス・フォーラムin三島2011

<<コミュニティビジネス・フォーラムin三島2011中止のお知らせ>>
地震による影響のため、3月23日に予定しておりましたフォーラムは
中止とさせていただきます。すでにお申し込み頂いておりました皆さまには
ご迷惑をお掛けして誠に申し訳ごさいませんが、何とぞご了承の程よろしくお願い申し上げます。

広域関東圏コミュニティビジネス推進協議会事務局

コミュニティビジネス・フォーラムin三島2011
〜地域再活性化と、地域課題解決の具体策を探ります〜
 
地域課題を住民や企業、行政や産業支援機関などが協同して解決するとともに、
これを地域ビジネスや雇用の場にもつなげることが地域活性化の観点からも
求められています。

このため、コミュニティビジネスについて最新情報を提供して理解を深め、
地域の住民、企業、行政、金融機関、経済団体などの果たす役割について、
静岡県内の2つの事例を参考にしながら、議論を深め、具体策を模索します。

1 日 時  平成23年3月23日(水)13時30分〜16時30分
2 会 場  三島商工会議所会館1階TMOホール
       (静岡県三島市一番町2−29)
3 主 催  広域関東圏コミュニティビジネス推進協議会、関東経済産業局、静岡県
4 内 容
■1■コミュニティビジネスの現状と課題
広域関東圏コミュニティビジネス推進協議会 幹事 柳田公市

■2■基調講演「今、コミュニティビジネスが地域を活性化させる」
(社)日本観光協会 常務理事・総合研究所長 丁野 朗 氏
  http://www.nihon-kankou.or.jp/home/

■3■パネルディスカッション
ナビゲーター 柳田公市
コメンテーター 丁野 朗 氏

□事例発表1
「熱海温泉玉手箱」
atamista代表理事 市来広一郎 氏
http://wla.jp/ontama/

□事例発表2
「みしまコロッケ」
三島市地域振興部商工観光課 副主任 岩崎淳子氏
http://www.city.mishima.shizuoka.jp/mishima_info/croquette/

■4■意見交換
広域関東圏コミュニティビジネス推進協議会 幹事 竹内千寿恵氏
CBにおける行政、商工会・商工会議所などの団体、金融機関の果たす役割について

---------------------
参加申し込み
参加申込:静岡県 経済産業部 商工業局 商工振興課土田 あて
FAX:054-221-3216 
E-Mail:mariko1_tsuchida@pref.shizuoka.lg.jp


チラシのダウンロードはこちらから
表をダウンロード
裏をダウンロード
posted by 広域関東圏コミュニティビジネス協議会 at 13:09| 協議会からのお知らせ

広域関東圏コミュニティビジネス推進協議会
事務局:特定非営利活動法人 コミュニティビジネスサポートセンター
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-21ちよだプラットフォームスクエアA205 TEL:03-5259-8091 FAX:03-5259-8092  E-mail:kanto-kcb@k-cb.net

Copyright(C) Community Business Promotion Council of Greater Kanto All Rights Reserved.