コミュニティビジネス、ソーシャルビジネス、ネットワーク、イベント、起業就業、地域資源、産業

お問い合わせ
リンクサイトマップ

協議会からの情報

2010年03月16日

【静岡県】3月24日開催「“ふじのくに”コミュニティビジネスシンポジウム」

「“ふじのくに”コミュニティビジネスシンポジウム」


静岡県では、
「 “ふじのくに”コミュニティビジネスシンポジウム
 〜 地域を元気にするビジネスのすすめ 〜 」を開催します。

本シンポジウムでは、コミュニティビジネスに関わっている事業者や支援機関、行政などの方々からの取組状況の紹介のほか、県委託事業の成果発表を実施して、コミュニティビジネスを推進するための意識啓発や連携促進を図ってまいります。

つきましては、コミュニティビジネスの担い手である事業者の方をはじめ、コミュニティビジネスに興味のある方や行政関係者、産業支援機関の関係者など幅広い方々のご来場をお待ちしております。


詳しくは、県ホームページを御覧ください。
http://www.pref.shizuoka.jp/sangyou/sa-510/cb/symposium.html



◆日時   平成22年3月24日(水)14時〜17時

◆場所   静岡グランドホテル中島屋 コンファレンスルーム
       (静岡市葵区紺屋町3−10 TEL 054-253-1151)

◆定員   100人(無料、事前申込制)
      ※コミュニティビジネスに携わる又は関心のあるNPO法人、
        民間企業、行政関係者及び一般の方など

◆内容
第一部 コミュニティビジネスの現状と取組
 ☆鼎談 〜コミュニティビジネスのすすめ〜
    広域関東圏コミュニティビジネス推進協議会 幹事 堀池喜一郎 氏
    多摩信用金庫 価値創造事業部 副部長 長島剛 氏
    関東経済産業局 流通・サービス産業課長 三宅伸 氏

 ☆事例紹介 〜「富士宮やきそば」のブランド化による地域振興〜
    NPO法人まちづくりトップランナーふじのみや本舗
    代表理事 渡辺孝秀 氏(予定)


第二部 静岡県「地域課題解決ビジネス創出支援事業」成果発表
 ☆パネルディスカッション
     コーディネータ
     広域関東圏コミュニティビジネス推進協議会 幹事 柳田公市 氏
     パネリスト
     株式会社カクサ 代表取締役 佐藤晴史 氏(静岡市葵区)
     NPO法人天城こどもネットワーク 田所雅子 氏(伊豆市)
     まちなびや 弓削幸恵 氏(静岡市葵区)
     ホリカビジネスパートナーズ 堀川渉 氏(静岡市清水区)
     静岡BCPコンサルティング 石井洋之 氏(静岡市葵区)


◆コミュニティビジネスとは
 コミュニティビジネスは、「地域の資源を活用し、地域で抱える課題を地域住民が主体となって、ビジネスの手法で持続的に克服していく事業活動」であり、地域において、やり甲斐や生き甲斐を実感しつつ働くという新たな起業や就業の機会を創出するものです。また、従来公的セクターが担ってきた公共サービスの一部を担う新たな提供主体としての役割も期待されるなど、地域の自立的・持続的発展に寄与するビジネスとして、近年、脚光を浴びているものであります。


◆申込み・問い合わせ先
〒420-8601 静岡市葵区追手町9番6号
静岡県産業部商工業局商工振興室 (担当 : 夏目)
電話番号 054-221-2181 FAX番号 054-221-3216
HP http://www.pref.shizuoka.jp/sangyou/sa-510/cb/symposium.html


posted by 広域関東圏コミュニティビジネス協議会 at 10:55| 協議会イベント

2010年01月18日

【協議会共催】(横浜)コミュニティビジネスフォーラム

---------------------------------------------
コミュニティビジネスフォーラム
「つながりがまちを変える〜チャンプルーの会の実践」

http://www.cbsmiles.jp/topics/search.cgi?equal1=343
----------------------------------------------

地域の女友だち3人のおしゃべりから始まった「チャンプルー」なまちづくりとは−

●日時:2010年2月25日(木)18:30〜20:30
●場所:横浜情報文化センター6F情文ホール
●参加費:無料(第3部懇親会参加の場合は実費負担3000円別途)
●定員:200名(第3部懇親会は先着50名)
●申込:要事前申し込み 2/19までにお申し込みください。

●プログラム
第1部 18:30〜 認定証交付式&事例発表
チャレンジコミュニティビジネス認定証交付式と事例発表を行います。
  認定事業者はこちらhttp://www.city.yokohama.jp/me/keizai/happyou/h21/211224.html

第2部 19:00〜 コミュニティビジネス基調講演&トークセッション
・基調講演「つながりがまちを変える〜チャンプルーの会の実践」
 紀平容子氏(NPO法人高齢社会の食と職を考えるチャンプルーの会代表理事)
・トークセッション 紀平容子氏×斉藤保氏(よこはまCBsmiles)

第3部 20:45〜22:30 懇親会
会場:さくら水産(横浜情報文化センター地下)

紀平容子氏プロフィール
兵庫県出身。地方公務員を経て、イラスト制作、ライター。1987年〜99年、職住接近によって、仕事と家庭の両立を図ろうと、仕事仲間と共同事務所を運営。阪神淡路大震災がコミュニティを考える1つのきっかけになり、1998年に地域の女性たちと「高齢社会の食と職を考えるチャンプルーの会」を立ち上げ、2000年に法人格を取得し、代表理事となる。

◆ちらしセッション
あなたの活動・事業を紹介しませんか?
当日会場ホール前にて、コミュニティビジネス事業関連のチラシ・事業紹介など展示スペースを設置いたします。PRにお使いください。
※当日50部程度18:00までにご持参ください。

主催:よこはまCBsmiles(事業主体:NPO法人市民セクターよこはま)・横浜市経済観光局
共催:広域関東圏コミュニティビジネス推進協議会、(財)横浜企業経営支援財団

●お申込み/問合せ
よこはまCBsmiles(事業主体:NPO法人市民セクターよこはま)
TEL:045-212-9213 FAX:045-222-6502
E-mail:info@cbsmiles.jp
http://www.cbsmiles.jp/contact/

posted by 広域関東圏コミュニティビジネス協議会 at 17:32| 協議会イベント

2009年12月24日

【協議会共催】多摩コミュニティビジネスシンポジウムが2月13日に開催されます!

tamatitle.jpg


多摩コミュニティビジネスシンポジウム

今、注目されている地域の社会的課題(高齢者・障がい者福祉、子育て、食育と農業、
シニアの食、まちづくりなど)をビジネスの手法を活用して解決するコミュニティビジネス。
このシンポジウムではまちを元気にするためのコミュニティビジネスのプロデュース力を
事例から学びます。

tamacb.jpg  多摩CBチラシイメージ


・チラシ(表面)のダウンロードはこちらから(pdf) 
・チラシ(裏面)のダウンロードはこちらから(pdf)
・チラシ(両面)のダウンロードはこちらから(pdf)
 
日時:2010年2月13日(土)
   13時から16時45分
場所:亜細亜大学 2号館 1階200番教室<交流会会場 2号館6階多目的ホール>
   (JR武蔵境駅より徒歩12分)  
   http://www.asia-u.ac.jp/access/map.html
定員:300名(交流会100名)
参加費:無料(交流会参加費2000円、当日会場にて頂戴いたします)

ひらめき第一部 基調講演:
  行政マンのチャレンジ!
  〜市民を農の担い手に!
   地産地消・食育の先進地作戦〜

   今治市 企画振興部企画課 政策研究室長 安井孝氏
  酒屋グループのチャレンジ!
  〜地元資源を活かしたオリジナル商品が大ヒット〜

  遠州夢倶楽部 役員 有限会社あらかわ 荒川能宏氏

ひらめき第二部 パネルディスカッション:
  ■テーマ「まちを元気にするプロデュース力」
  ■パネリスト
   今治市 企画振興部企画課 政策研究室長 安井孝氏
   遠州夢倶楽部 役員 有限会社あらかわ 荒川能宏氏
   NPO法人くにたち富士見台  田中杏衣里氏
   株式会社エフエム西東京 代表取締役 有賀達郎氏
  ■コーディネーター
   広域関東圏コミュニティビジネス推進協議会幹事 斉藤保

メール 申込方法:
     ●WEBより
     http://tamacb.blog38.fc2.com 

     ●FAXより
     チラシ裏面を、FAX 042-528-0940 にお送りください
      ・チラシ(裏面)のダウンロードはこちらから(pdf)

   
phone to お問合せ先:多摩信用金庫 価値創造事業部内 たましん法人テレフォンセンター
      電話042-526-7739(平日9時から17時)
      FAX 042-528-0940

 
主催:多摩CBネットワーク
共催:広域関東圏コミュニティビジネス推進協議会、多摩信用金庫



posted by 広域関東圏コミュニティビジネス協議会 at 17:18| 協議会イベント

2009年12月10日

【協議会主催】コミュニティビジネス学習会(@千葉)

chiba.jpg


コミュニティビジネス学習会
「社会起業家になろう!」


昨年、大好評のコミュニティビジネス学習会。
今年も開催します!

chiba_omote.jpg  chiba_ura.jpg


・チラシ(表)のダウンロードはこちらから(pdf)
   
・チラシ(裏)のダウンロードはこちらから(pdf)



日時:2010年1月24日(日)
   13時から15時30分
場所:千葉市ビジネス支援センター(きぼーる13階 会議室3)
   (JR千葉駅より徒歩15分、京成千葉中央駅より徒歩5分)
   http://www.chibashi-sangyo.or.jp/contents/kaikan/index.html

主催:広域関東圏コミュニティビジネス推進協議会、千葉市
後援:千葉県
お問い合わせ:広域関東圏コミュニティビジネス推進協議会

申込方法:  
【メールにて】
@団体名 A氏名 B連絡先 とアンケートをお送りください。

 メール kanto-kcb@k-cb.net

【FAXにて】
チラシ裏面をダウンロードし、03-5259-8092 宛に送信ください。

【アンケート/ご協力お願いしますひらめき
  【Q1】コミュニティビジネスについて (当てはまるものに○を入れてください)
  (  )既に活動している
       活動団体名、または内容:
  (  )活動準備中、あるいは検討中である
       活動内容:
  (  )以前から知っている
  (  )今回初めて知った
  【Q2】今回の勉強会で知りたいこと(ご自由にお書き下さい)




-- 地域を元気にするヒントがここにあります --------

1STEP1 基本を学ぶ基調講演 「コミュニティビジネスとは?」
 栗原 裕治
 NPO 法人千葉まちづくりサポートセンター副代表
 広域関東圏コミュニティビジネス推進協議会幹事
 市民参加のまちづくり、システムエンジニアを専門にし、
 ちばNPO協議会代表、市民講座・NPO講座の講師として活躍。


2STEP2 事例を聞く事例紹介 「全国のコミュニティビジネスとその取り組み」
 竹内 千寿恵
 NPO 法人Mystyle@ こだいら代表理事
 広域関東圏コミュニティビジネ推進協議会幹事
 地域ポータルサイト「こだいらネット」立ち上げに参画。
 市民サポーターの組織化、サイト運営管理を担当。
 生活経験に根ざした現場主義にビジネスマインドをプラスして
 地域密着のコミュニティビジネス支援活動を展開している。

3STEP3 現場を知る
 山本佳美 氏
 NPO法人ちばMDエコネット事務局長
 知的障がいを持つ妹と一緒に成長する中で、障がいのある人の地 域生活について様々な疑問や興味を持つ。2002年、NPO法人ち ばMDエコネットでコミュニティカフェを立ち上げる際の中心メ ンバーの一人となる。以後、様々な人が訪れるカフェを目指し、 福祉、環境、まちづくり、アートといった側面から、多様なネッ トワークづくりを進めている。
 http://mdeconet.jp/

 大橋紀子氏
 NPO法人日本ファイバーリサイクル連帯協議会(JFSA)事務局  国内事業担当
 大学卒業後、2004年からJFSAのショップ担当として働く。
 海外支援をしているところだからと買い物に来て下さる方もいれ ば、街の中の古着屋さんとして安いものを求めに買い物に来る方 など、様々なお客さんがいる中でのJFSAの存在に魅力を感じてい る。
 http://www.f3.dion.ne.jp/~jfsa/







posted by 広域関東圏コミュニティビジネス協議会 at 19:06| 協議会イベント

【2009年度シンポジウム】1月15日に開催します!

★お知らせ★
まだ空きがございますので当日参加が可能です。
直接、会場にいらしていただいて大丈夫です。

受付にて、氏名連絡先等をお伺いしますので
時間に余裕をもってお越しください。




0115title.jpg


コミュニティビジネスシンポジウム
「地域におけるコミュニティビジネス・ネットワークの現状と展望」


今、注目をあびているコミュニティビジネス。
ネットワークをどう構築していくか、が課題の中、
具体的に取り組みが進められている2つの地域の事例を中心に
本シンポジウムでは今後のネットワークの在り方について深めていきます。

0115omote.jpg  0115ura.jpg



・チラシ(表)はこちらからダウンロードできます
・チラシ(裏)はこちらからダウンロードできます


━━フォーラム概要━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日 時:平成22年1月15日(金)
  13時30分〜17時30分(シンポジウム)
      18時00分〜19時00分(懇親会)
◆会 場:さいたま新都心合同庁舎1号館講堂
      埼玉県さいたま市中央区新都心1-1
      http://www.kanto.meti.go.jp/annai/shuhenzu/

◆対象:コミュニティビジネスに携わる、又は関心のある方
◆費用:無料(懇親会費別)
◆定員:200名(先着順、1/13申込締め切り)
◆主催:関東経済産業局、広域関東圏コミュニティビジネス推進協議会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1プログラム1 取り組み状況をご紹介!!
   〜今年度の活動実施報告〜    当協議会幹事 斉藤 保

2プログラム2 パネルディスカション&質疑応答

  ★★静岡・浜松における事例
   有限会社三和畜産(とんきい)代表取締役 社長 鈴木芳雄氏
    静岡県 産業部商工業局商工振興室 望月 誠氏
    浜松市 商工部商業政策課商業振興グループ長 山下智久氏
   コーディネーター:当協議会幹事 柳田公市

  ★★多摩地域(東京都)における事例
    西武信用金庫 常勤理事・事業支援部長 高橋一朗氏
    多摩信用金庫 価値創造事業部 副部長 長島 剛氏
    三鷹コミュニティビジネス研究会、当協議会幹事 堀池喜一郎
    NPO法人Mystyle@こだいら代表理事、当協議会幹事 竹内千寿恵
    コーディネーター:当協議会代表幹事 永沢映
    
  
3プログラム3 出演者や関係者との交流を楽しむ!〜懇親会〜 
 ※懇親会費2000円、当日徴収致します


 ━━━ 申込方法 ━━━━━━━
★お知らせ★
まだ空きがございますので当日参加が可能です。
直接、会場にいらしていただいて大丈夫です。

受付にて、氏名連絡先等をお伺いしますので
時間に余裕をもってお越しください。


メール WEBから】
以下のフォームよりお申込ください。 
http://www.k-cb.net/form/20100115.html

fax to FAXから /03-5259-8092】
チラシ裏面をダウンロード後、お送りください。
・チラシ(裏、pdf)

━━━ お問い合わせ先 ━━━━━━━
◆お問い合わせ先:
広域関東圏コミュニティビジネス推進協議会事務局
  特定非営利活動法人コミュニティビジネスサポートセンター
  〒101-0054
  千代田区神田錦町3-21ちよだプラットフォームスクエアA205
  TEL:03‐5259‐8091 FAX:03‐5259‐8092
  E-mail:kanto-kcb@k-cb.net





 
posted by 広域関東圏コミュニティビジネス協議会 at 15:34| 協議会イベント

2009年10月26日

【静岡県】はままつコミュニティビジネスツアー

はままつコミュニティビジネスツアー バス
〜経営者、現場と直接出会い、同好の士の会話ができます〜

昨年、大好評だったコミュニティビジネスツアー。
皆さん、お待たせいたしました。今年も開催いたします。
専用バスで巡回するので楽チンですよるんるん

今回は農商工連携のモデルになる「遠州夢倶楽部」の販売チャネルと、
「農家レストラン」のモデルを中心として、それぞれの代表者に触れて、
事業構想の真髄を学ぶことにしました。
また、最終立寄り地の「とんきー」では、代表を交えての
懇親会も含めた企画となっておりますので、ふるってご参加下さいませ。


日時:11月27日(金)午後13時半〜18時半
  (集合13時市役所前、解散19時浜松駅、専用バスで巡回)

訪問先:1中間支援・ぷらっとほーむ浜松
     2酒販店・酒のバオオ
     3コミュニティストア・マルニ物産館
     4農家レストラン・味のトンキー(夕食・交流会)

参加費:5000円(資料費、バス、交流会費含む)
募集人員:30人(締切り11月20日抽選)、メール・FAXで。

◆訪問先
◎ぷらっとほーむ浜松
地域ビジネスの総合支援拠点 (地域ブログ発信「ブログ村」)
http://www.imilink.com/phh/
hamamatsu1.jpg


◎酒のバオオ
若い夫婦が、酒の売り方から店を変えてゆく。毎日が刺激的という。酒も、店自体が「魅せ」る遠州夢倶楽部の拠点店。
http://mem.ecall.co.jp/baoo/ 
hamamatsu2.jpg
   
◎マルニ物産館
釣りえさから人気のソフトアイスクリームまで、町の人が必要な品を提供する。コンビニに値下げさせたコミュニティストア=普通の店。
http://maruni.hamazo.tv/
hamamatsu3.jpg


◎味のトンキー
コミュニティビジネスと定義する農家レストラン。養豚ベースに、自前のヘルシー食材、食育。
http://www.tonkii.com/index.html
hamamatsu4.jpg


主催・問合せ先・申込先

「はままつコミュニティビジネスツアー」実行委員会事務局
(広域関東圏コミュニティビジネス推進協議会、中間支援3団体)

〒432-8023 静岡県浜松市鴨江3-61-1
ぷらっとほーむ浜松2F 株式会社アイエムアイ内
TEL(053)457-3818、FAX(053)457-3816
E-Mail:imi@imilink.com

共催:浜松市
posted by 広域関東圏コミュニティビジネス協議会 at 16:18| 協議会イベント

広域関東圏コミュニティビジネス推進協議会
事務局:特定非営利活動法人 コミュニティビジネスサポートセンター
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-21ちよだプラットフォームスクエアA205 TEL:03-5259-8091 FAX:03-5259-8092  E-mail:kanto-kcb@k-cb.net

Copyright(C) Community Business Promotion Council of Greater Kanto All Rights Reserved.